ヘッダーイメージ 本文へジャンプ

 業 務 案 内


 当事務所からのご提案です!!

      ■■事業が花咲きはじめたら、「社会保険労務士」をうまく利用して
                業務のアウトソーシングを考えてみてはどうでしょうか?■■

             ≪お気軽にお声をおかけ下さい。お待ちしております。≫


  セミナー・研修・講演・講話・コンサルティング・各種相談・執筆等のスポット業務

 「 公共機関での講義(講話・授業)」 企業・業界団体向け講演・講義・講話」・「社員・社内向け説明会」から、「高校生向け講義(講話・講座・授業)」「各種相談会の相談業務の受任」・「お客様向けの講演・研修」・「労務管理コンサルティング」・「執筆」等まで、ご要望に応じて講演・セミナー等を開催・受任させて頂きます。

新幹線利用で、当事務所から、東京まで、約 時間
首都圏からの依頼
も、是非お待ちしております(要交通費) 。

【報酬の目安(例)】
セミナー・研修・講演・コンサルティング相談業務:
  
30分20,000円+消費税~  但し、公的機関、及び、これに準じる機関は要相談。
  (遠方の場合、交通費等が加算されます。)
講師料について、独自の報酬基準をお持ちの場合も、前向きに対応を検討させて頂きます。要相談。
資料作成の有無多少・作成時間、資料印刷を依頼者側で実施するか否かでも料金は異なります。

 お気軽にご相談、お声をおかけ下さい。


  個別労働関係紛争解決手続代理業務(あっせん申請書等の作成)代行サポート

労働者と使用者の間において紛争が生じた場合、ADR(裁判外紛争解決手続き・あっせん等)で解決することも考えられます。メリットは裁判に比べ要する時間が短いことです。当事務所は代理権が付与されております。
当事務所では、地理的な関係であっせん代理が困難な地域の皆様へ「あっせん申請書」などの作成を代行するサポートを提供しています。
大好評です!!
メールのやり取りによって、申請書の内容を作成します。

【報酬の目安(例)】
(例)ADRによるあっせんの報酬:労働者側の場合
● 着手金:30,000円+消費税 
● あっせん申請書完成時 30,000円~100,000円


 就業規則・賃金規程・退職金規程の作成・改訂・届出

就業規則を何十年も放置していたりしていませんか?
法律違反の無い適正な就業規則ですか?
あるいは、就業規則の作成本の付録サンプルをそのまま使用していませんか?。


就業規則の未作成、未整備(パートタイマー規程、賃金規程、退職金規程などの諸規程も含みます)は、非常に大きな事業経営・事業継続上のリスクに繋がります。社員、あるいは、元社員との間に多額の金銭トラブルなどが生じ、訴訟を起こされ、多大の時間を費し、多額の支払いを命じられた判決は数多くあります。

また、魅力あふれる就業規則は、社員の「やる気」や「生産性」を高め、活気のあふれる企業に導きます。  ぜひ「会社にあった就業規則」を作成しましょう。


 労働保険事務

労働保険は、労働者災害補償保険(労災保険)と雇用保険のを指します。
従業員を雇えば、「労災保険」は、適用事業となり加入義務が発生します。

主な労働保険の事務手続きは以下の4つですが、
情況によって「数多くの書類の提出」が必要になってくることがあります。

  • 新規加入
  • 年度更新
  • 社員の入社・退社に伴う諸手続き
  • 労働者災害補償保険の給付申請


種々の手続きも「社会保険労務士」に安心してお任せ下さい。
もちろん、手続方法を調べて書類を用意して手続きを行うこともできますが、慣れないと時間がかかってしまったり、書類に不備があってやり直しになったりと、手続きに大変な時間がかかる場合があります。専門家である社労士に依頼することにより、正確かつ迅速に手続きができます。
限りある時間を本業に使ってはいかがでしょうか。


 社会保険事務

社会保険とは健康保険と厚生年金保険(国民年金)の総称です。

法人の事業所は「全て」、個人事業主は、特定の業種を除いて、原則「常時5人以上の従業員を使用する事業所」は社会保険加入の強制適用事業所となります。支店や工場などがある場合には、その事業所ごとに加入が必要になります。社会保険の事務手続きは主に以下の4つになります。
情況によって「数多くの書類の提出」が必要になってくることがあります。

  • 新規加入
  • 年1回の算定基礎届と月額変更届
  • 社員の入社・退社に伴う手続
  • 健康保険の各種給付申請

ページのトップに戻る

 政府助成金等の支給申請の代行


助成金・奨励金などは金融機関からの融資とは異なり、返済の必要がない資金を受給できる制度を指します。

種々の制度が存在しますが、社会保険労務士は、主に厚生労働省関連の助成金書類の作成や申請のサポート致します。


当事務所では、貴企業様の条件を満たす助成金・奨励金があるかどうかを診断し、条件を満たすものが存在した場合にご希望により申請のサポートさせて頂きます。


最近の助成金はこちらをご参考にして下さい。   最近の助成金


 労働基準監督署・社会保険事務所の立入調査対応




 年金相談

  ※現在、当事務所では、「年金相談」は受け付けておりません。


 全国社会保険労務士会連合会が運営している「街角の年金相談センター」(無料)をご利用下さい。
 「街角の年金相談センター」では、"対面による年金相談"を行っています。

 "
お電話による年金相談"、および窓口の電話予約等は受け付けておりません。


  『街角の年金相談センター 仙台 (せんだい)』 2014/03/25現在
 
   980-0803 宮城県仙台市青葉区国分町3-6-1  仙台パークビル2
   022-262-5527 (番号のかけ間違いにご注意ください)
    022-262-5527   (予約相談は受け付けておりません)

     仙台市営地下鉄「勾当台公園駅」下車・徒歩5分



 給与計算の受託

受注開始時期は、相談させていただきます。


ページのトップに戻る

 従業員の採用から退職までの労務管理の相談・指導・労務相談の実施












 お気軽に、お問い合わせください!

  ≪お願い≫ お問い合わせ前に、あらかじめ、「お問い合わせ・連絡先」ページをごらん下さい。

 ●お電話でのお問い合わせは
、      0229-25-7703
(9:00~17:30/月曜日~金曜日)
 ●ファックスでのお問い合わせは、    0229-25-7704 (24時間受付)
 ●直接メールでのお問い合わせは、   e-mail: mail@sakura-sr.com

 「メール(フォーム形式)でのお問い合わせ」は、こちらをクリック、   








ページのトップに戻る


フッターイメージ